sugarsyncの最近のブログ記事

シュガーシンクのファイルバージョン管理で「間違って上書き保存」を防ぐ

2011年12月 4日

年末なのでこの時期、仕事の重要なファイルだったり、学生さんなら論文だったり、
細かい修正作業をしている人はたくさんいると思いますが、

「せっかく作ったファイルを間違って上書き保存・・・・」

最近、そんな風にしてしまって困っている友達を、facebook上で何人か見かけました^^;

「どうやったら直せる?」

と言われても、できることなら協力したいのですが、
残念ながら僕の力不足で、「お気の毒に・・・」としか言えません^^;

ファイルのバックアップをとることの重要さは誰もが知っていると思いますが、
上書き保存する前に、その都度バックアップファイルを取っておく・・・
というのは、頭ではわかっていても、実際毎回やるのは大変ですよね><

そういう大切なファイルに使うと便利なのが、Sugar Sync(シュガーシンク)です。

シュガーシンクというのは、以前紹介したdropboxと同じで、クラウド上にデータを保存できる、便利なオンラインストレージサービス(5GBまで無料)です。

シュガーシンクには、リビジョン管理(バージョン管理)機能というものがあります。
リビジョン管理の下だと、保存前の状態に戻すことが可能です。
この機能はdropboxにもありますが、個人的にはこちらの方が使いやすいですね^^

シュガーシンク や ドロップボックスは、ただオンライン上にバックアップできる、というだけでなく、自動でバージョン管理もできるというところに注目して使うと、非常に便利です。

「自動で」というところがポイントですね^^

リビジョン管理する前のデータを元に戻すのは残念ながら難しいですが、
そうなる前に、バージョン管理さえしていれば、元に戻すことは簡単でした。

でも、それをせずに普通にPC上で管理していたら、元に戻すのは難しいですね^^;

これらのサービスは、普通にフォルダに入れておくだけのような感覚で手軽に管理できますし、スマホや複数PCでも連携できますので便利です。

シュガーシンクは、機能や容量を大いに使いたい場合は有料契約が必要ですが、
無料版でも5GBまで使えますし、簡単な登録ですぐ使えます。

今回は、リビジョン管理の意味と、その使い方を説明します。

このページの先頭へ