本の最近のブログ記事

世の中の見え方が変わる!10年後に残る理想の本棚の作り方

2011年10月30日

昨日(2011年11月29日)、福岡で本に関するイベントをやっている
BOOKUOKA(ブックオカ)が、「岡田斗司夫トークショー 」というのをやっていて、
それをUSTREAMで配信していました。

岡田斗司夫氏は、こういう本を書いておられる方です。

その他にも、レコーディングダイエットとか、結婚・婚活のことなど結構幅広く書いていらっしゃいます^^

このイベントは、twitter上でたまたま知って、面白そうだと思って見たものです。

その時、「社会の見方」というテーマで語っていたのですが、
それにちなんで、10年後に残る理想の本棚の作り方を紹介していました。

今から10年後の自分は、今持っている本のどれを残して、どれがもうないか?
想像したら楽しくなりますが、実際、そういう道を通っていきます。

その時、理想の本棚はどうなっているでしょうか?

今持っている本は、もしかしたら1冊もないかもしれませんし、
並ぶものがあったとしても、ポツン・ポツン、としかないと思います。
これから10年の間にたくさんの出版物が出るでしょうし、
新しく興味が湧いてきたものもあるでしょうからね。

そういう状況も踏まえて、誰かが

「君の本棚、面白いセレクトしてるよね!」

と言われて照れ笑いしている自分を想像してみて下さい。
まるで、ブックディレクターが選ぶような、センスのあるセレクトをした本棚です。
ジャケットだけじゃなくて、内容も充実していて興味をそそられるものばかりです。

自分の本棚が、10年後にそういう理想の本棚になっているとなると、
わくわくしませんか?^^

岡田氏が教えてくれたやり方は、そんな風に言われる本の候補探しはもちろん、
その過程で興味の範囲が広がるので、社会の色々なものが見えてくるということが、
非常に興味深いところです。

そのやり方を紹介します。

ジャーナリスト 池上彰 の新聞の読み方

2009年12月 1日

「カスペ 教えてMr.ニュース池上彰のそうなんだニッポン 」で、
フリージャーナリストの池上彰さんがニュースをわかりやすく説明していました。
外国人にわかりやすく説明するという趣旨だったみたいですね^^

前にも「わかるニュース」という番組で池上さんが
いろいろなニュースを解説していたのですが、
ものすごくわかりやすいから好きなんですよね^^

  • 事業仕分けはなぜ必要か?
  • 激安ブームが危険な理由は?
  • なぜ政府がJALを支援するのか?
  • 大統領と首相の違いは?

といった切り口でニュースを解説していました。

それはそれでためになったし、面白かったのですが、一番役に立つなあと思ったのは、
池上さんの情報収集の仕方

老子の言葉に、「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」というのがあります。

「人に魚を与えれば一日で食べてしまうが、
釣りを教えれば一生食べていける」

という意味なのですが、この言葉通り、いつまでも教えてもらうのではなく、
自分の力で自分に必要な情報を見つけられる人はこの時代強いですよね。

なので池上さんはどうやって情報収集しているのか、前から気になっていたのですが、
ちょうどそのことが質問に上がってきたんです!

脳が冴える!朝1分勉強法 買いました^^

2009年11月 3日

米国NLP認定トレーナー の 宮川明 さんの最新刊、
「脳が冴える!朝1分勉強法」買いました^^


宮川明さんの「相手を洗脳する文章テクニック」という本とCDを持っているのですが、これが良かったので購入したんです。

しかも、11月1日発売で、11月10日までに購入すると、いろいろと特典があるということで、すぐに購入しました!
どうせ買うなら、目一杯活かせる方がよいですからね^^

最近、出版社のこういうキャンペーンに弱いわたくし(≧▽≦)よいと思った人の本がキャンペーンをやってたらスグに買います!

今回この本を期間中に買うとついてくる特典は、

まずは、「つき合う人」を変えなさい!

2009年10月21日

最近、本を買いまくって読む時間がないくらい勉強しているのですが、
またまた読みたくなる本を見つけてしまいました。

それがこの本。

まずは「付き合う人」を変えなさい。著者は 山本亮 さん。

うんうん、それって大切だなあと体験的には思っているのですが、
この本でより明確にしてみようと思ったわけです^^

今はe-副業大学INNCというところでネットビジネスを学んでいるわけですが、
実際に、直接講師の方と話をしたり、懇親会などで稼げる人、稼ぎたいけどまだうまくいっていない人、ちょっとずつ伸びていっている人、いろんな人と話をしました。

そしたらやっぱり、講師の人や稼げている人の考え方と、
うまくいってない人の考え方って違うんですよね^^;
なので、人と話しているとその人の傾向が見えてくるというか^^;

そして、稼いでいる人たちと話をして、波長を合わせていると、
いつの間にか自分も稼げるようになっていました。

これ、ネットビジネスに限らず、普段の友達づきあいでも同じことが言えます。
例えば、

神田正典さんのオーディオブックを買いました!

2009年10月 1日

最近、オーディオブックの重要性を感じています。
なぜか?というと、神田正典さんや、勝間和代さんといった大物お二人ともが、オーディオブックを重宝していると聞いたからです。

ところで、オーディオブックとは何か?というと、
本の朗読であったり、セミナー形式の対談であったり、
とにかく、その名の通り、本を音声で聴こう!というものですね^^

日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、
アメリカのビジネスマンには一般的らしいです。

日本では電車通勤が主、という人が多いので、
勉強熱心な人は通勤時間を活かして本を読むのですが、
アメリカでは車通勤の方が多いので、通勤中に本は読めません。
代わりにオーディオブックを、という人が多いようです。

オーディオブックの何がメリットか?というと、
本を読むより早いし、何回も気軽に聴けるので、
繰り返し聞けば内容を理解してしまうというメリットがあります。

「聴く」と言う行為は、潜在意識に認識させる行為でもありますからね。
右脳での理解ですよね^^
それに対して、「読む」という行為は左脳での理解。
一生懸命理解しようとするわけです。

本も、繰り返し読まないとなかなか身につかないですが、
オーディオブックならそれも早いですね。

なので、早速これを買いました!

数値力の磨き方

2009年9月29日

今日、アマゾンで本を買いました。
それがこの本。

著者は、 野田宜成 さん。
これは、俺がネットビジネスを学んでいる e-副業大学INNC の学長、野本さんが勧めている本です。

数字が読めれば、世の中の見方が変わるし、ビジネスにおいてはお客さんの行動が手に取るようにわかる。
ビジネスの世界では当たり前ですよね^^
話の中でも数字を示せば、説得力が上がったり、具体的に理解してもらったりすることができます。

例えば、

たくさんの人が感動した話

というのと、

99%の人が感動した話

というのとでは、その話がどれくらい感動的なのか、聞いてみたいかどうかが変わってきますよね^^

ビジネスでは「〜だろう」「〜かもしれない」では失敗します。
日常生活でも実は、そういう決め付けが理由で失敗する人って多いですよね。

この本では、自分の感性に数字を足すことで、説得力に変える方法が載っているそうです。

数字+感性=説得力

なかなか良い式ですね^^

このページの先頭へ