2011年10月アーカイブ

世の中の見え方が変わる!10年後に残る理想の本棚の作り方

2011年10月30日

昨日(2011年11月29日)、福岡で本に関するイベントをやっている
BOOKUOKA(ブックオカ)が、「岡田斗司夫トークショー 」というのをやっていて、
それをUSTREAMで配信していました。

岡田斗司夫氏は、こういう本を書いておられる方です。

その他にも、レコーディングダイエットとか、結婚・婚活のことなど結構幅広く書いていらっしゃいます^^

このイベントは、twitter上でたまたま知って、面白そうだと思って見たものです。

その時、「社会の見方」というテーマで語っていたのですが、
それにちなんで、10年後に残る理想の本棚の作り方を紹介していました。

今から10年後の自分は、今持っている本のどれを残して、どれがもうないか?
想像したら楽しくなりますが、実際、そういう道を通っていきます。

その時、理想の本棚はどうなっているでしょうか?

今持っている本は、もしかしたら1冊もないかもしれませんし、
並ぶものがあったとしても、ポツン・ポツン、としかないと思います。
これから10年の間にたくさんの出版物が出るでしょうし、
新しく興味が湧いてきたものもあるでしょうからね。

そういう状況も踏まえて、誰かが

「君の本棚、面白いセレクトしてるよね!」

と言われて照れ笑いしている自分を想像してみて下さい。
まるで、ブックディレクターが選ぶような、センスのあるセレクトをした本棚です。
ジャケットだけじゃなくて、内容も充実していて興味をそそられるものばかりです。

自分の本棚が、10年後にそういう理想の本棚になっているとなると、
わくわくしませんか?^^

岡田氏が教えてくれたやり方は、そんな風に言われる本の候補探しはもちろん、
その過程で興味の範囲が広がるので、社会の色々なものが見えてくるということが、
非常に興味深いところです。

そのやり方を紹介します。

飲んだ次の日の朝の倦怠感を少しでも良くする3つの方法

2011年10月24日

昨日、久々に飲みに行きました。
でも、大した量も飲んでないのに、居酒屋のたばこの煙が
鼻の奥に残っているような感覚が次の日の朝まで残っていて
頭が働かないんですね。
ノンスモーカーだから余計になのかもしれませんが
弱くなったなあと思う今日この頃です^^;

でもこういう時は、僕はいつもやっている方法が3つあります。
このうち、どれか1つでもやってみると、倦怠感が消えることがありますし、
しつこい場合は3つやると結構効きます。

後悔しない生き方を学ぶ スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ

2011年10月 6日

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズが
昨日(2011年10月5日)死去されました。
なんか、肩の力が抜ける想いです^^;

まだ56歳の若さです。膵臓がんが影響したんでしょうね。
療養と復帰を繰り返しながらではありますが、
つい8月までCEOをやっていたとは、とても思えません。

一昨日、iPhone4Sの発表があって、ジョブズじゃないのか~と思っていましたが、
これを見届けて逝ったのでしょうか?
その一つ前のiPhone4のスピーチをジョブズがやっていたのも
ついこの間見たばかりのように思えます。

ジョブズにはアップル製品はもちろんですが、
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼンでも、かなり勉強させてもらいました!
ピクサーの映画でもお世話になっていますね。
(ピクサーという会社を作ったのは、ジョブズなんです)

これだけ影響力のある人がこんなに早く亡くなってしまうのは残念ですね。

写真で振り返るアップルCEOのS・ジョブズ氏

ジョブズが生みだした数々の功績は今更言うまでもありませんが、
残したものは、製品だけじゃありません。
何より僕が大きな影響を受けたのは、「生き方」そのものです。

こんな風に、ものすごくやり遂げた感のある人は、なかなかいませんからね。
そんな生き方を反映しているのが、2005年のスタンフォード大の卒業式で行われた、
伝説のスピーチです。

ジョブズ自身の生きた道から得られた教訓を、
ジョブズ自身がこれから大学を卒業していく学生に贈っています。

何度見てもゾクゾクします^^

このページの先頭へ